無料ブログはココログ

ブログ村

2018年2月21日 (水)

今日の「絵手紙」

ふみさんは今日は久しぶりに絵手紙サークルの例会に参加しました。

病院の日と重なったり、雪や寒さで行けなかったりでしたが、やっと参加することが出来ました。

今日の作品です。

Img272


胡蝶蘭(ヒンピジューム)だそうです。

風邪など感染症が一番怖いふみさんですので「春よ 来い」は、いかにも実感がこもっています。

2018年2月20日 (火)

女子会ランチ?

ふみさんは、今日はF病院の呼吸器リハに行きました。ふみさんは毎回、リハの理学療法士のS先生や呼吸器内科のY先生に会うのを楽しみにしています。もちろん、リハの指導や医学的な診察内容もありますが、何よりも、おふたりともふみさんの体調のことを気遣って、話をよく聞いてくれるからのようです。

ふみさんがもう一つ楽しみにしていることがあります。同じくリハを受けているWさんとランチに行くことです。リハを受ける日時を合わせて、終わった後、連れ立ってランチに行けるからです。

病気のことを考えるととかく、暗くなりがちですが、リハに行くのが楽しみになることもとても大事だと思います。心が暗くなると、それに比例して体調も思わしくなくなるからです。

ふみさんは帰ってくると、リハのこと、ランチの中身など嬉々として話してくれます。それを聞いていて、私も楽しくなります。

2018年2月18日 (日)

お誕生日会・・・

今日は家族で、2月生まれのふみさんのお誕生日祝いをしました。3年前に間質性肺炎になり、無我夢中の日々でしたが、何とか今年もお誕生日会をすることが出来ました。

家族だけの内輪の宴でした。先ずは、○○歳の誕生日を祝い乾杯です。

Img_3681

持ち寄りの手作りの料理だけでしたが、楽しく歓談しました。

Img_3692


「もう、祝いの品は何もいらない」 と言っていたのですが、子どもたちがいくつものウエアーを贈ってくれました。これを着てまた家族旅行に行こうとのお誘いです。

そして、デコレーションケーキの代わりに、ショートケーキで祝いました。

Img_3693

どのショートケーキを選ぶか各々、子どものように迷っていました。

「また、来年も楽しいお誕生日祝いをしましょう!」とふみさんを励ました、楽しい宴でした。


2018年2月17日 (土)

4000歩・・・

ふみさんは、今日は暖かさに誘われて市内の公園に散策に行きました。いつもは、私と同行して公園内を歩くのですが、今日は私が用事を済ますまで、2時間ほどひとりで公園内を歩きました。

Img_3673


公園の中を歩くときは、ヘリオス子機はやはり背負った方が楽です。

「蠟梅苑の蠟梅はもう終期だった」「梅園の梅はまだ咲いていなかった」「日本庭園の紅梅が見ごろだった」など、公園内の様子を話してくれました。

結果、4000歩、歩けたと満足気でした。

2018年2月16日 (金)

親機の交換

今日は液体酸素ヘリオスの親機の交換でした。

前回の交換が、1月26日でしたので、3週間前です。次回、交換予定が、3週間後の3月9日です。当分は、3週間ごとの交換になるようです。

2018年2月14日 (水)

何が原因???

ふみさんが、10日程前から、下腹部が痛いと言うので呼吸器疾患の治療を受けている東京病院に行きました。普段はひとりで行くのですが、今日は私も付き添いで行きました。

Img_3671_2


真っ青な青空に比べ、気の重い診察でした。予約なしの診察でしたので、とても時間がかかりました。泌尿器科、消化器科、採血、尿検査、CTなどの検査をしましたが、結局、痛みの原因は特定できませんでした。後は、婦人科?か と言われましたがこの病院には婦人科はありません。

結論は、「今日の検査のデータを呼吸器内科の主治医に診てもらい、その判断を仰ぐ」ことになりました。次回、呼吸器内科の診察は、19日です。また、私も付き添いで行くつもりです。

8時半に病院に着き、終わったのは14時半過ぎ、一日がかりの診察でしたが、結局何もわからず、すべて19日の診察に持ち越しになりました。

今日はバレンタインデーでした。市内の民主団体が、「守ろう憲法9条」のバレンタインデー行動に取り組みましたが、私は残念ながら参加できませんでした。

2018年2月10日 (土)

植木の街 川口市安行へ

暖かさに誘われてふみさんを連れて川口市に散策に行きました。

「道の駅 かわぐち・あんぎょう」の緑化センターを見ああと、安行の興禅院に行きました。花の寺として有名ですが、十三仏・観音霊場としても有名です。雑木林の中に静かに安置された十三仏と千手観音菩薩か歴史を感じさせました。

Img_3662

ふみさんは、誰もいない境内をゆっくりと歩きました。いつものように液体酸素ヘリオスを抱いて・・・

桜で有名な密蔵院なども回りました。酸素を 3Lにして歩いたので、帰りの車の中で酸素がなくなりました。助手席に座っているだけの時は酸素がなくても大丈夫でしたが、やはり、酸素ボンベを持ってゆくべきだった と少し後悔していました。

2018年2月 8日 (木)

ふれあい食事会へ

ふみさんと連れ立って「ふれあい食事会」に行きました。

町内会の集会所が駅前に新設されました。今日の食事会はそちらで行いました。

何となく味気ない入り口です。「ふれあいあきつ」が食事会の名称です。昼間独居となる高齢者にボランティア団体が低廉な費用でランチを提供しています。会場が替わり新しい施設に移りました。会場が遠くなった方が多いのか参加者は10人でした。

建物も新しいです。以前は畳の和室でしたが、これからは洋室で椅子、テーブルですので高齢者には楽になりました。

ふみさんは液体酸素を背負ってゆきました。

Img_3657

今までのようにランチの前に私のアコ伴奏で歌ってもらいました。

今回は「早春賦」「春の小川」「みかんの花咲く丘」「月の砂漠」「二人は若い」「東京ラプソディー」「青い山脈」「北国の春」の8曲でした。

歌った後のランチです。家庭の主婦のボランティアの方5人が作ってくれましたので、それこそ「家庭料理」です。デザートはミカンでした美味しくいただきました。  

往復の歩数が約6000歩。ふみさんにはリハにもなって良かったと思います。

コメント

2018年2月 7日 (水)

イマイチ、今日のリハビリ

ふみさんは今日もF病院へ呼吸器リハに行きました。いつものように、先生から歩行マシンをするように言われました。酸素を3 でやりましたが、息が上がる、心拍数が 100 を越えてしまいました。本人は「日常的に歩いていないからやむを得ない」と納得しているようですが、雪のために外に出られない日が多かったからでしょう。

先生からは「リハもさることながら、風邪、インフルエンザに感染しないように」とくどいほど言われたそうです。

無事に春を迎えられるか の正念場の日々fです。

2018年2月 6日 (火)

うたごえ喫茶で・・・

寒い日でしたが、ふみさんは、うたごえ喫茶のスタッフとして受付を担当しました。

受付終了後、会場の中に入ってみんなと一緒に歌いました。

Img_3646


「青春」と言う歌に合わせて身体を動かすふみさんです。

液体酸素ヘリオスの子機をつけてうたっていました。

やはり疲れるのでしょうか何曲か歌った後は、「少し休む」と言って会場の外に出ました。

今一番心配なことは「風邪やインフル」に罹らないことです。帰宅後も入念に手洗い、うがいをしていました。

«雪の残る駅前まで歩いて・・・