無料ブログはココログ

ブログ村

2018年6月23日 (土)

沖縄に思いを寄せて・・・

今日、6月23日は太平洋戦争で悲劇的な沖縄の地上戦が終った日です。沖縄の人たちは明治政府の琉球処分など、常に本土の犠牲になり、その重荷が今も続いています。

その痛みを歌ったうたのとひとつが「月桃」です。ぜひ、聞いてください。献花する安倍総理も出てきますが、この方には沖縄の方々の痛みがわかっていないとしか思えません。

昨日の東京新聞の「本音のコラム」です。母親が沖縄の方の佐藤優さんの意見です。佐藤優さんの今までの行動に、私は必ずしも快く思っていませんでしが、このコラムだけは共感出来ます。併せて、ぜひ、読んでください。

月桃の花 〜沖縄戦没者慰霊の日

2018年6月22日 (金)

広島を訪ねて・・・ 3

3日目は朝から雨模様、原爆資料館に着く頃には本降りでした。

資料館の本館は耐震工事で休館中でした。東館だけが開館していました。

東館前の郵便ポストです。

「郵便は世界を結ぶ」と刻印されていました。確かにそうです。しかし、私は「郵便は世界の平和を結ぶ」として欲しかったです。郵便局は現役時代の私の職場でした。戦争中、郵便局は「軍事郵便」を運び、その軍事郵便は軍隊の検閲を受けていました。そんな時代が再び来ないよう「郵便は世界の平和を結ぶ」として欲しかったです。

資料館東館に入ると入り口にこんな時計がありました。

入館したのは8時55分でした。その下の数字は広島に原爆が落とされた後の日数だそうです。26615日。72年余が経ったことを示しています。

その下の数字は、世界のどこかで核実験が行われた後の日数です。北朝鮮が世界の世論に反して核実験を強行しています。その北朝鮮の核実験から289日しか経っていません。この核実験が行われない日数をドンドン増やし、未来永劫増え続けてゆくことを祈りたいと思いました。

展示は多岐にわたり見ごたえのあるものでした。

原爆が落とされた瞬間を動画で示していました。

最初の展示室です。左上の物体が原爆です。穏やかな朝を迎えた広島が、この原爆がさく裂した瞬間に死の街に変わりました。

直後の市内の様子です。

原爆直下はすべて破壊されましたのでこれは少し離れた場所の様子です。

救援を求める市民ですが、救援のすべさえありませんでした。

原爆投下目標に広島が選ばれるまでの経過、原爆開発競争の歴史、アメリカのビキニ水爆実験の島民の被害などなど展示されていました。

これらの展示を平和学習の子どもたちが熱心に見入っていました。

これは原爆で亡くなった幼児の乗っていた3輪車です。

70年も経て、核兵器廃絶に少しでも役立つのであれば・・と最近遺族が寄贈したものです。そんな新たな遺品も展示されていました。学生服、着ていた上着、文具や日用品などです。

もっとも衝撃を受けたのがこの写真です。

折り鶴の子のモデルとなった佐々木貞子さんの亡くなった時の写真でした。

佐々木禎子ちゃんは、広島に原爆が投下された日、放射能を帯びた"黒い雨"に打たれ被ばくしました。10年後の1955年に白血病が発病し、わずか12年でその生涯を閉じた少女です。

禎子ちゃんが「折り鶴」に込めた思いとは?

 禎子(さだこ)さんが生きた4675日
佐々木禎子(ささきさだこ)さんは1943(昭和18)年に生まれ、2歳(さい)の時に被爆(ひばく)しました。
運動の得意な元気な少女に成長しましたが、被爆(ひばく)から10年後に突然(とつぜん)
白血病であると診断(しんだん)され入院しました。
千羽鶴(せんばづる)がお見舞(みま)いに贈(おく)られたことをきっかけに、
「生きたい」という願いを込(こ)めて折り鶴(づる)を折り始めます。
8カ月の入院生活の末、家族が見守る中亡(な)くなりました。

その貞子さんをモチーフの原爆の子のもモニュメントが作られ平和公園の中心に置かれています。昨日も一昨日もここを訪れました。

そんな折り鶴に触発されてか、アメリカのオバマ大統領も現役大統領として初めて広島を訪れ、次の言葉を添えて、折り鶴を捧げました。

「私たちは戦争の苦しみを経験しました 平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」

私は世界のすべての国の元首が広島を訪れて欲しいと思います。核兵器保有国も核兵器を持たない国の元首も広島・長崎の資料館を見れば、「核兵器のない世界をめざす勇気」を持つようになると思うからです。世界で唯一の被爆国の日本の為政者にも本当に「核兵器のない世界を追求する勇気を」もって欲しいと思いました。

東館だけの展示ですが、3時間余をかけて見てもとても見学しきれませんでした。

東館を出るときも本降りの雨でした。原爆で犠牲になられた方々の涙雨のような気さえしました。最後に「国立原爆死没者追悼祈念館」に参拝して帰路につきました。

雨の中、広電に乗って広島駅に行きました。

昨日は運休した新幹線でしたが、幸いにも、この日は定刻通りの運航でした。その新幹線の中でトラブルが起きました。

熱海近くまで来た時、ふみさんの命綱の液体酸素がなくなってしまったのです。

急遽、車内で予備として持ち歩いていた酸素ボンベと取り替えました。この取り換え作業が慣れていないため、モタモタしました。新幹線の車中で酸素による事故でも起こしたら大問題です。ヒヤヒヤしながらも無事切り替えをすることができました。

帰宅のラッシュ時間の山手線、西武線を乗り継ぎ午後8時所沢に帰着しました。

広島・東京が4時間、東京・所沢が2時間以上と私たちにとっては長旅でした。でも、それ以上のことを学ぶことのできた広島への旅でした。

 

2018年6月21日 (木)

広島への旅 二日目

二日目は雨模様の朝を迎えました。朝食を済ませ、出かけようと思っていた時に、テレビが大阪での地震の速報を流しました。NHKの朝の連ドラも中止、地震の状況を逐一報道していました。東海、山陽新幹線も運休しました。しばらくして「この地震による津波の発生はない」と報じられました。

今日は、半日、安芸の宮島に行く予定でした。原爆ドーム近くから出港する高速艇で行くことにしました。

元安川から出て、宮島まで45分で行きます。船に乗ると雨が降り出しました。

9時出港の便の乗船客は、私たち二人だけでした。

貸し切り状態ですからどこからでも外が見られます。しかし、瀬戸内海は雨で煙り、眺望はイマイチでした。10時前には宮島桟橋に着きましたが、本降りの雨でした。

宮島は私は2度目、ふみさんは3度目だそうです。こちらも修学旅行の学生と外国人がとても多かったです。

厳島神社ではお祓いをしてもらっている参拝者もいました。信仰心のない私も、神妙な気持ちで神社を一巡しお参りしました。願ったことは平和な世の中と連れ合いの病の平癒でした。困った時の神頼み で恥ずかしいようでした。参道の土産物店で、名物のあなご飯を食べました。「名物にうまいものなし」の名の通りの丼にはがっかりしました。

午後は再び平和公園の見学です。

原爆ドームに行きました。

やはり外国人が多かったです。

一枚の写真を持って行きました。子どもみたいに、ドームの前でこの写真を掲げ、自分の思いを現したかったからです。

その写真がこれです。毎年8月6日に、私たちが所沢で行っている平和祈念式です。市役所前のこの敷石は、旧広島市役所で被爆した敷石を、非核平和都市として、広島市から所沢市に譲り受けたものです。この前で毎回80人位の市民有志が集い、平和祈念式を行っています。

平和公園の近くには多くの慰霊碑がありました。その数60余、全部は見られませんでしたが、碑文を読みながら頭を垂れました。

こんな碑文もありました。

原爆で亡くなった元広島高女の碑文です。占領軍の意向で「原爆」と言う言葉がつかえなかったので、原爆を現す原子記号を使って表現したそうです。その他、床屋さんの「毛髪碑」、広島ガスの「ガス灯」を表現したモミュメント、町内会の慰霊碑などなどです。

ボランテイアガイドさんの説明を受ける修学旅行の子どもたち

慰霊塔に向かってしっかり頭を垂れていました。この子どもたちが大きくなったら平和の担い手になることを期待しました。

ふみさんの酸素がなくなるので一旦ホテルに戻り酸素を充填いました。

夕方、平和公園の中を見学しながら夕食に行きました。

左が、宮島へ行った高速船、右側がかき船を模したカキ料理の店です。元安川の川面を見ながらの夕食です。水鳥が盛んにえさを探していました。

牡蠣三昧のコースを頼み、牡蠣を堪能しました。

最後のお食事も牡蠣丼でした。

原爆ドームのそばでこんな料理を食べることに少し後ろめたさを感じました。しかし、「ノーモア・ヒロシマ ノーモア・長崎 ノーモア・福島」の気持ちを忘れずにこれからも努力することこそ犠牲になられた方々に報いる道だと思いご容赦してもらいました。

 

 

2018年6月20日 (水)

酸素を背負って広島へ 1

初めて、在宅酸素のふみさんと一緒に広島へ行きました。

自宅を朝早く出て、山手線経由で東京駅へ。

ふみさんは、液体酸素を背負い、ハートマークをつけての行動です。朝早いので電車は空いているので助かりました。

新幹線で正午前には広島に着きました。改札を出るふみさんです。

外国人観光客が多く、満員の市内バスには閉口しました。

快晴で暑い盛りの時間に名園縮景園に行きました。小さな日本庭園でしたが落ち着いたたたずまいで私はとても気に入りました。庭園内にも原爆犠牲者の慰霊碑などがありました。

花の好きなふみさんは、満開のあじさいに喜んでいました。歩いて広島城に行きました。

天守閣に行きましたが、酸素を使うふみさんは、階段はダメです。ふみさんにはお休み所で待ってもらい、ひとりで登りました。

展望閣から市内が見渡せます。先ず探したのが原爆ドームです。

カメラの望遠でやっととらえました。ビルに埋もれるようにヒッソリと建ってました。復興したビルの谷間にある原爆ドームを見て複雑な気持ちになりました。

チエックインの時間に宿泊先の広島市市民文化交流センターに行きました。

宿泊した部屋です。テレビの隣に液体酸素ヘリオスの親機がありました。ふみさんは酸素がないと動けないので予め酸素の業者の方から親機を届けてもらいました。その親機から携行用の子機に酸素を充填して動いています。

自宅を朝早く出たので午後3時ころには子機の酸素がなくなるので、その補充のためにホテルに立ち寄りました。

ホテルは、平和公園の前です。酸素を充填した後、平和公園に行きました。

夕方近い時間でしたが、平和公園は修学旅行の子どもたち、外国の人など訪れる人が多くいました。

酸素の子機を背中に頭を垂れるふみさんは、この地は2度目だそうです。勿論、前回来たときは酸素など使わず、元気いっぱいのころだったそうです。

70年余、あまりにも遅い広島訪問でしたが、私はやっとこの地に立ち、慰霊と平和への願いを原爆犠牲者のみなさんに捧げることができました。感無量でした。

 

2018年6月16日 (土)

広島へ「平和学習」に・・・

私は、とうとう80歳代になりました。小学校2年生の時に敗戦を迎えました。爾来、今日まで「平和憲法9条」に守られて、生きてくることができました。戦争の惨禍の体験者として、「戦争はゴメンだ」との平和への思いは一生持ち続けていたいと思います。

その戦争の惨禍の象徴の地である広島を、私は、まだ訪れたことがありませんでした。そこで、意を決して明日から2泊3日でふみさんとふたりで広島に行くことにしました。

広島市内に2泊して平和公園などを見て回りたいと思います。酸素を携行するふみさんとのふたり旅ですからどれだけ回れるかわかりませんが、遅ればせながら「平和学習」をして来ます。

今、全国で核兵器廃絶を目指して平和行進が行われています。

私の住む埼玉県所沢市では、7月1日(日)の夕方、市内を平和行進します。私も参加します。そのための事前学習?でもあります。近隣の方、一緒に歩きませんか?

 

2018年6月14日 (木)

今日の「ふれあい食事会」

地元の町内会の集会所で開かれている「ふれあい食事会」にアコーディオンを担いで行きました。

昼間、独居となるお年寄りにボランティア組織が低廉な費用でランチを提供しています。

ふみさんも自分のペースでゆっくり歩いて参加しました。

Img_4462

今日の参加者は10人でした。ランチの前に私のアコ伴奏で歌をうたいました。「雨降りお月さん」「うみ」「たばばたさま」「浜千鳥」「夏の思い出」「夏は来ぬ」「富士さん」「憧れのハワイ航路」「月の砂漠」「365歩のマーチ」の10曲でした。

歌った後のランチです。

厚揚げ、ニンジン、ポテトの煮物、ワカメ、キュウリ、トマトの酢の物、ワカメと卵とじのお吸い物でした。デザートはメロンとサクランボでした。いずれもとても美味しかったです。

ふみさんと一緒に、楽しく歌って、おいしく食べたふれあい食事会でした。

コメント

2018年6月13日 (水)

庭木の剪定・・・

台風の影響で二日間、雨が降りました。

今日は朝から晴れて、暑くなるとの天気予報でした。

働き者のふみさんは、早速、脚立を持ち出し、庭木の剪定を始めました。

Img_4461


ヘリオス子機を携えての庭仕事です。どの木も徒長枝が伸びて木の枝が込み合っています。「無駄な枝を切り、風通しを良くしないといろいろの虫が巣食ってしまう」と言いながらの作業です。

この手の仕事は私はまるで駄目なので、何故か、もっぱらふみさんの仕事になっています。

2018年6月12日 (火)

チョッピリ、嬉しい検査結果

ふみさんは、昨日は台風の影響による大雨の中、自家用車を自分で運転して呼吸器内科の定例の受診に行きました。

涙腺の腫れがひかず、眼科。舌が白くっているのがとれず歯科 と廻りましたがいずれも呼吸器内科で処方されている薬のために、眼科、歯科でもらっている薬の効き目が表れないようです。根気よく治療を続けるより仕方がないようです。

血液検査、レントゲンの後、呼吸器内科の診察を受けました。

レントゲンの結果では、肺の画像にほとんど変化がありませんでした。

血液検査では

KL-6  前回の 1916が 1657 に

LD   前回の  281が  266 に 各々下がりました。

そんなこともあり、主治医が ステロイドを 13mg から 12mg へと 1mg減らしましょう と言ってくれました。ステロイドは2か月連続で 1mgづつ減りました。チョッピリ、嬉しい診察結果でした。

でも、ステロイドは 減らすときは 少しづつですが、検査結果が悪いと一気に増やされるので油断はできません。ふみさんは、細心の注意を払って毎日を送らねば・・・と思っているようです。

2018年6月11日 (月)

よく描けています?

ふみさんの昨日の北山公園での作品です。

Img316


立ったまま写生した割には上手に描けていると思います。

絵手紙サークルでの練習が役立っているのでしょう。 拍手👏⁉

2018年6月10日 (日)

東村山・菖蒲まつりへ・・・・

今日は医療生協の地域の支部のレクで北山公園に行きました。

東京都東村山市にある北山公園は菖蒲、あじさいの公園として有名です。6月に入り菖蒲まつりが市を挙げて行われていました。この菖蒲まつりに合わせて、医療生協の仲間15人で行きました。天気が良ければ、レジャーシートを敷いて花を見ながら、お弁当を食べ、私のアコーディオン伴奏で歌でも歌いましょう と言うことになっていました。でも、台風の影響による雨で当初の計画通りには行きませんでした。

でも、園内には人力車が行き交い

農業体験の田植えも行われていました。

ふみさんはヘリオス子機を携えて、菖蒲の花の絵を描いていました。

小雨でしたが、レジャーシートを敷いてお弁当 という訳には行きませんでした。

写真と撮る人など人出はそれなりでしたが、天気の良い日に比べると段違いです。

私たちは地元の地粉うどんを賞味しながら交流しましたが、このうどんはとても美味しかったです。

小雨の中、のんびり菖蒲まつりと地粉うどんを味わった一日でした。

«今日のリハビリ・・・

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30