無料ブログはココログ

ブログ村

2018年12月10日 (月)

目下のところ、OK!

ふみさんは、今日は呼吸器内科の外来診察でした。いつものように採血、レントゲン、眼科、歯科、そして呼吸器内科の診察を受けました。

呼吸器内科の主治医は、「各種検査結果は、前回と大差がない。それなりに安定しているのでプレロイドは今までと同様に、10mgを処方します。安定しているとは言え、風邪や感染症になると一気に悪化するので、体調管理に気をつけるようにしてください。決して無理をしないように・・・」と言われたそうです。

冬将軍の到来で寒さも本格化しました。毎日を細心の注意をはらって過ごしていなければ・・・と思っています。

2018年12月 9日 (日)

またまた、貰い物・・・

我が家の小さな庭は南向きです。急に気温が下がった今日ですが、陽が出ていれば暖かいです。そんな日和の中、ふみさんは、庭木の手入れしました。

Img_0255


すると、お隣の方が、ユズ、ミカンなどを箱一杯くれました。

Img_0254


柑橘類は、風邪の予防にもなるそうです。見た目はきれいではありませんが、無農薬の貴重なものです。

食べきれない程ですが、毎日食べたいと思います。お隣の方の心遣いがとてもありがたいです。

2018年12月 7日 (金)

液体酸素親機交換・・・

今日は、液体酸素ヘリオスの親機の交換でした。ほほ、定期的に3週間ごとに交換しています。

次回は、12月28日御用納めの日です。これで、年末首、正月休みも万全です。

2018年12月 6日 (木)

自動車運転免許更新準備・・・

ふみさんは来年2月に自動車運転免許の更新時期を迎えます。高齢者になると、免許の更新も大変です。

① 認知症検査 ② 高齢者講習 ③ 警察署に行っての更新手続き と三つが必要です。

病院に行くにも自動車が不可欠ですので、免許の更新をしなければなりせん。

今日はその第一段階の、「認知症検査」を受けに行きました。費用が 750円、市内で行いましたが、それでもほぼ半日がかりです。

検査を終了して帰宅したので、結果を聞いてみました。ふみさんは「100点満点で90点以上で、楽にクリアーした」と誇らしげでした。

とりあえずは、認知症の症状はないようなので良かったと思います。

次は、来年2月、自動車教習所での高齢者講習を受けなければなりません。

2018年12月 5日 (水)

地域の望年会に参加・・・

年金者組合所沢支部は、地域毎の班で機関紙の配布などをしています。この地元の班の望年会が開かれました。

98歳の私の母親も組合員です。特養施設に入所していて、外を出歩くこともできませんので、支部の催し物などに参加したことがありません。

班の望年会の会場が母親の入所している特養施設のすぐ近くでしたので、私が車いすを押して連れて行きました。会場までの坂道、入り口の段差などありましたが、仲間の協力で無事会場に着くことが出来ました。

出席者は、18人でした。お互いに懇意にしている方ばかりです。私の妻も組合員ですので、、司会者の指名で、先ずはふみさんの発声で乾杯しました。

私の母親はお茶の湯飲みが持ち上げられないので、乾杯の茶碗は置いたままです。

全員が1年間の様子や来年への希望などを発言しました。母親も、昨年6月に特養施設に入所したこと、自宅から近いので家族が会いに来てくれること、18人いるひこ孫が入れ替わり立つ代わり顔を見せてくれるのが楽しみだ・・・と報告していました。

みなさんの発言は、自身の健康のこと、年金者組合でのサークルでの活動の話、そして異句同音に「新聞の見出しを見るのもイヤな位、次々に悪政が飛び出すアベ政権をなんとしても退場させたい」と話されていました。

白寿を迎える母親は、所沢支部でも、最高齢の3人に入るようです。みなさんに祝福された地域の望年会でした。

来年の望年会にも元気に再会することを申し合わせて、お開きとなりました。みなさん、おせわさまでした

2018年12月 4日 (火)

うたごえ喫茶LOVE&PEACE 今年最後の例会

所沢うたごえ喫茶LOVE&PEACEの今年最後の例会でした。

この1年の間にはみなさんいろいろのことがありました。病になられた方、反対に病を克服された方、嬉しいことがあった方、悲しいことに遭遇した方など、悲喜交々です。

ふみさんも液体酸素ヘリオスを抱えて、何とか、元気に受付を担当することが出来ました。

いろいろの思いを胸に、最後にみんなで歌ったのがベートーベンの歓喜の歌でした。

私たちが歌ったのは、「よろこびの歌」と言う曲名で以下の日本語訳のものです。

晴れたる青空 ただよう雲よ
小鳥は歌えり 林に森に
心はほがらか よろこびみちて
見交わす われらの明るき笑顔

花咲く丘べに いこえる友よ
吹く風さわやか みなぎる日ざし
心は楽しく しあわせあふれ
響くは われらのよろこびの歌

例会が終わると街はもクリスマスムードでした。所沢駅前の様子です。

新しい年が希望のもてる年となるよう願いながら例会をお開きにしました。

學校コンクールの「歓喜の歌」のユーチューブです。よろしかったらお聞きください。

2016 [合唱コンクール] 学年合唱 ”歓喜の歌”

2018年12月 3日 (月)

師走の街で「憲法9条守れ!」

今日は12月3日。作家の澤地久枝さんや俳人の故金子兜太さんなどが呼びかけた「アベ政治を許さない!憲法9条守れ!」の3の日の統一行動日でした。

私たちは地元の西武線所沢駅東口で午前10時30分から11時30分まで、「アベ9条改憲許すな!全国3000万人署名」に取り組みました。

参加者は、7人でした。

所沢うたごえ喫茶LOVE&PEACEの有志の方もうたごえで応援してくれました。

ふみさんも、ヘリオス子機を抱き、マスクをして駅頭に立ちました。途中、雨が降り出すなどアクシデントもありましたが、13筆の署名を集めることが出来ました。

「もう、署名しました」と言う方も何人もいましたが、署名してくれた方々は「戦争だけはもうゴメンだ」「アベさんのやることは益々酷くなり、空恐ろしい」と怒りの声を上げていました。

憲法9条を守るため、愚直にこれからも「3の日行動」を続けます。

新年1月の3の日行動は、1月3日(木)12時30分から13時30分まで、西武線所沢駅東口で取り組みます。「アベ改憲反対」の気持ちのある方の参加をお待ちしています。

2018年12月 2日 (日)

くくはちじゅういち・・・?

私は、何故か、81歳の誕生日を迎えることになりました。考えてみれば、迷うことばかり多く、月並みに、苦労の連続の人生でした。「苦苦81(くく81)の人生でした。これからの残り少ない歳月を考えざるを得ない歳です。後悔の多い人生でしたが、残り少ないこれからは悔いを残さないように生きてゆきたいと思います。

81年のうち、55年はふみさんに支えられての人生でした。

家族が誕生日祝いに招いてくれました。

私の好きなお酒と美味しい料理を用意してくれました。「何もいらない」と断りましたが、イニシア入りの靴下をくれました。

足が弱っているので、これを履いてしっかり歩き、足腰を鍛えろ! と言う意味のようです。

改めて、ふみさんと一緒に、地についた生きざまでしっかり歩いてゆきたいと思いました。

2018年12月 1日 (土)

東京病院まつり

今日は、ふみさんが呼吸器疾患の治療を受けている清瀬の東京病院まつりに行きました。入り口で配られたプログラムです。

普段は総合受付として使われている待合室が特設会場になりました。

病院長の当間先生が「リウマチの話」をしていました。ふみさんはリュウマチも絡んだ間質性肺炎ですのでぜひ聞きたかったのですが、所用のため遅れ、全部は聞けませんでした。無料体験の「骨密度測定」を受けました。測定結果が 「33歳並み」と出たので私もスタッフも驚きました。

廊下では、病院紹介の掲示や地元の名品の販売が行われていました。

私は手作りパンを買いましたが美味しかったです。

午後は、恒例の音楽会です。

第1部では、「サウンドライブ」でした。その中でインディアンフルートと言う楽器の演奏を初めて聞きました。

この楽器で演奏したアメイジング・グレイスは哀愁があって素晴らしかったです。でも、居留地に閉じ込められているいわれるアメリカの原住民のことを思うと複雑な思いになりました。

第2部は、国立音大の学生さんの合唱でした。

音大の学生さんだけに安心して聞けました。曲目も、ビリーブ、クリスマスソングメドレー、花は咲く などみなさんが知っている曲ばかりでしたので200人近くの聴衆を魅了しました。

私は、アンコールで歌った「川の流れのように」が一番印象に残りました。歌詞の中には、「でこぼこ道や曲がりくねった道」「生きることは旅すること 終わりのないこの道」など病と闘う患者さんの生きざまそのもののような気がしたからです。この歌をうたった美空ひばりさん」も呼吸器疾患を患っていたと言われています。

「ああ川の流れのように おだやかに この身をまかせたい」のフレーズには涙がこぼれそうになりました。力まず、焦らず、病と折り合いをつけて生き抜くふみさんも感動していました。

素敵な病院まつりでした。企画運営したスタッフのみなさんに感謝したいです。

2018年11月30日 (金)

お散歩・・・?

昨日、今日と暖かい日でした。そのな日和に誘われて、ふみさんは自宅の周りのご近所を散歩しました。

散歩をしていると、いろいろの方から声をかけられるそうです。病気のことなどを聞かれるようですが、嬉しいこともあります。

家庭菜園で野菜を作っている方が、「もっていって食べてください」と野菜をくれるそうです。昨日も、今日もホウレンソウなどの野菜をいただいたそうです。ありがたいことです。

«医療生協の「安心ルーム」に参加・・・

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31